現在のページ

ホーム / 活動報告


活動報告

2017.5.10 沖縄振興調査会、西普天間基地跡地における 国際医療拠点化等推進小委員会及び美ら島議員連盟合同会議 (2017.5.10)

沖縄振興調査会、西普天間基地跡地における国際医療拠点化等推進小委員会及び美ら島議員連盟合同会議が開催されました。
猪口 邦子 会長
山本 一太 小委員長
細田 博之 議連会長
より挨拶をいただき、
自民党沖縄県連  島袋 大 自民党沖縄県連政調会長
沖 縄 県      翁長雄志 知事
宜野湾市     佐喜眞 淳 宜野湾市長
琉球大学     大城 肇 琉球大学学長
よりヒアリングを行いました。
県からは次のような「経済財政運営と改革の基本方針2017(仮称)」における沖縄振興への位置付けについての要請がありました。

1、国家戦略として沖縄振興策を総合的・積極的に推進
2、沖縄科学技術大学院大学(OIST)等を核としたグローバルな知的・産業クラスターの形成の進展
3、西普天間住宅地区跡地における沖縄健康医療拠点の形成など、駐留軍用地の跡地利用の推進
4、全国と比べて深刻な沖縄の子どもの貧困問題を早急に解消するため、子どもの貧困対策を沖縄振興策の重点的な取組として推進
5、県内産業の成長発展に資する、大型MICE施設、航空機整備施設及びクルーズ船受入体制の整備などの取組を推進

私からはこれまでの沖縄の医療の背景には、戦後マラリア、フィラリアを撲滅し、米軍統治下で公衆衛生の普及が沖縄の長寿に役立ち、また感染症など亜熱帯での研究が、沖縄科学技術大学院大学や琉球大学、沖縄綜合科学研究所、OPバイオなどとの連携が創薬につながると発言し、アジアの流動的な人材育成により世界への貢献が期待される医療拠点にしていただきたいと。

そして、以前検討されていた重粒子線の件を県に質問しました。
また3月24日の『北部地域における基幹病院』の市町村住民総決起大会が行われたなど、医師不足に向けて医師派機能への強化も考えてほしいという発言をしたところ、知事より北部医療は今年中に何らかの形を整えるという答弁がありました。

琉大医学部の移設と国際医療拠点の形成は沖縄振興に大きく寄与すること間違いありません。全力でがんばります。

 

 

会議後、改めて翁長知事、佐喜眞宜野湾市長、大城琉球大学学長より要請を受けました。
翁長知事より「経済財政運営と改革の基本方針2017(仮称)」における沖縄振興の位置付けについて、更に、佐喜眞市長、大城学長を含め「西普天間住宅地区における跡地利用の推進について」要請書を受け取りました。

沖縄振興調査会、西普天間基地跡地における 国際医療拠点化等推進小委員会及び美ら島議員連盟合同会議 (2017.5.10)」の続きを読む

2017.4.27 サンゴの大規模白化現象に関する緊急宣言(2017.4.23)

昨年の深刻なサンゴの大規模白化を受けて、環境省主催により「サンゴ大規模白化緊急対策会議」を沖縄科学技術大学院大学(OIST)で開催しました。サンゴの保全に関する有識者や行政機関、関係団体など約50人にお集まりいただき、丸一日かけて、それぞれが持つ最新の知見の報告や意見交換を行いました。

私も全プログラムに参加したのですが、お昼もランチミーティングを行うなど皆さまには大変熱心にご議論いただきました。また、会議の成果として、これから強化すべき取組などをまとめた「緊急宣言」を発表することができました。改めて、お集まりいただいた皆さまや、座長をお願いした琉球大学名誉教授の土屋先生、共催として多大なご協力をいただいた沖縄県、OIST、日本サンゴ礁学会サンゴ礁保全委員会の皆さまに感謝申し上げます。

サンゴの大規模白化の主な要因は海水温の上昇です。
つまり、豊かなサンゴ礁を守るためにも、地球温暖化対策は待ったなしの大問題なのです。
パリ協定では世界の平均気温上昇を2℃に抑えることを長期目標にしていますが、海水温を2℃上昇に抑えることができてもサンゴの白化は防げないとの報告もあり、状況は極めて深刻です。

すぐに解決できるような問題ではありませんが、今回の緊急宣言をスタートラインとして、関係者が一丸となったサンゴの白化対策を進めていきたいと思います。

サンゴの大規模白化現象に関する緊急宣言(2017.4.23)」の続きを読む

2017.4.15 滋賀県の三日月知事と面会(2017.4.13)

滋賀県の三日月知事が訪ねていらっしゃいました。
三日月知事とは昨年11月に琵琶湖保全再生推進協議会でご一緒させていただきましたが、その後、県による琵琶湖保全再生計画も策定され、また、国立環境研究所の琵琶湖分室が設置されるなど、琵琶湖の保全対策が着実に進んでいるとのお話をいただきました。
環境省としても、引き続き滋賀県などと協力して、琵琶湖の保全を推進していきます。

滋賀県の三日月知事と面会(2017.4.13)」の続きを読む

2017.4.15 「サンゴ大規模白化緊急対策会議」を開催します(2017.4.13)

「サンゴ大規模白化緊急対策会議」の開催について、環境省で記者会見を行いました。
昨年から今年にかけて、国内最大のサンゴ礁「石西礁湖」や、オーストラリアにある世界最大のサンゴ礁「グレートバリアリーフ」でも大規模なサンゴの白化現象が確認されています。
このような状況を踏まえ、山本環境大臣から緊急対応策を検討するよう指示があり、環境省の担当職員等と検討して、今月23日(日)に恩納村の沖縄科学技術大学大学院(OIST)で緊急対策会議の開催をすることになりました。
サンゴは沖縄にとって、観光資源であるとともに、魚が群がれる漁礁であり、生活に密着したものであります。
(環境大臣に直接要望して、この会議が実現できました。)これまでもモニタリングをして、赤土の流出対策や観光客の皆様にも、保全の啓蒙活動等々行ってきましたが、緊急会議を通して、専門家から幅広く知見を得て、緊急対応策を検討し取り組んで参ります。

「サンゴ大規模白化緊急対策会議」を開催します(2017.4.13)」の続きを読む

2017.4.12 沖縄市要請(2017.4.11)

沖縄市サッカー場から、4年前に有害物質を含んだドラム缶が発見されて以来、国をはじめ県、市と緊密に連携を取り、環境汚染対策を進めてきました。用途をサッカー場からコザ運動公園の駐車場として整備する方針となり、若宮防衛副大臣と深山地方協力局長に引き続きの支援と、沖縄アリーナ実現のための要望に行って参りました。
若宮防衛副大臣

DSC_0180


深山地方協力局長

DSC_0185

国交省は、大野政務官、石川道路局長、菊地港湾局長へ国道330号交差点改良と中城湾港の整備に15億円ついた御礼に行って参りました。330の整備は長年の市民の希望で、街づくりの大きなキーワードになります。また中城湾港を浚渫し、深い港にすると、大きな船が入港できるようになり、大型クルーズ船はもちろん、アジアや本土に向けての沖縄県の物流が、新時代を迎えることになるでしょう。
「港の女」これからもがんばります。
大野国交大臣政務官

DSC_0190


石川道路局長

DSC_0199


菊地港湾局長

DSC_0202

沖縄市要請(2017.4.11)」の続きを読む


自由民主党 沖縄県第三選挙区支部 比嘉なつみ連合後援会

沖縄事務所

〒904-2171
沖縄県沖縄市高原7丁目23番2号
マンションディアナ 104号室
電話:(098)-931-0200
FAX:(098)-927-5167
google mapへ

東京事務所

〒100-8981
東京都千代田区永田町2丁目2番1号
衆議院第一議員会館517号室
電話:(03)-3508-7261
FAX:(03)-3508-3531
google mapへ

このページの上部へ