現在のページ

ホーム / 活動報告 / 国会での活動


国会での活動

2017.8.7 パラオ訪問 (2017.7.23-26)

環境大臣政務官として、パラオ共和国を訪問してきました。
昨夏のサンゴ礁の大規模白化を受け、今年4月には専門家や関係
者などを集めた緊急会議をOISTで行いましたが、白化はグレートバリアリーフなど海外でも深刻になっており、地球規模の対策も重要になっています。
そこで、これまでもサンゴ礁生態系保全について交流のあったパラオに赴き、日本とパラオが持つサンゴ礁の研究センターの相互の連携・協力のネットワークを強化するため、パラオ国際サンゴ礁センターと協力覚書の署名締結を行ってまいりました。また、現地での滞在は実質2日間でしたが、在パラオ大使館の山田大使や持田専門調査員に大変ご尽力いただき、現地での様々な視察や関係者との意見交換なども行うことができました。

現地での初日は、子どもたちを対象に環境教育を行っている民間団体「エビールソサイエティ」を訪問しました。
あいにくの雨で、実際のキャンプサイトがある島に渡ることはできませんでしたが、活動拠点となるセンターで代表者のアン・シンゲオさんから活動内容を説明いただき、また、キャンプに参加していた子どもたちの学習発表等も聞かせていただきました。その後、地域の漁業者たちも交えて懇談しました。

 

エピールソサエティ視察

意見交換会

子ども達の環境活動報告

子ども達と

雨の中田んぼの視察

地域の方々・大使との昼食会

ヤシのジュース

 

午後からはパラオ政府庁舎へ移動し、センゲバウ天然資源・環境・観光大臣と会談しました。世界における地球温暖化等をはじめとする環境問題や、世界遺産などを活用した持続可能な観光パラオ共和国の「責任ある観光」のあり方について意見交換を行いました。
日パ両国のサンゴ礁センターの協力関係を更に強化することについて、歓迎していただけました。
大臣から、沖縄の血を引く「ヒガ」という名前は身近な名前で、まわりに何人かいると、とても親しくお話してくださいました。実際、外務省の迎えに来て下さった方も、日本大使館の方も「ヒガさん」でした。
沖縄とパラオの歴史的な関係からとても深いつながりを感じました。

 

サンゲパウ大臣との会談

沖縄のセールスをしてきました

記念撮影

大臣よりパラオの自然について説明

大臣と一緒に

大統領のオフィスの前で

 

現地での2日目は、ずっと雨だった空が嘘のように晴れ渡ったので、ボートに乗って、JICAなどがパラオ国際サンゴ礁センターを支援して行っている研究プロジェクト調査地を視察しました。エメラルドグリーンに輝く海は、素晴らしい!の一言でした。
研究プロジェクト代表者である琉球大学の中村先生や本郷研究員にも同行いただいたのですが、中村先生によると、パラオでは高い海水温にも耐えるサンゴが自然の中で存在しているそうです。地球温暖化による海水温上昇が避けられない中、このような高温耐性サンゴの研究は、世界のサンゴ保全にとって極めて重要であると思います。

 

パラオ環境センター

中村琉大准教授、中谷先生、本郷研究員とともに

ニッコー湾現地視察

ニッコー湾

透明度が高くボートからもサンゴが見えます

サンゴ調査機材のある地点です

きれいな海です


ボートから見るセンターです

 

現地視察から戻り、パラオ国際サンゴ礁センターとの協力覚書の署名です。日本とパラオが更に連携を強化し、世界のサンゴ礁生態系の保全を更に進めていけるよう願いを込めて、署名いたしました。両国の国旗の前での署名締結は大きな意義を感じました。

 

覚書署名締結

案内

覚書き署名



センター研究室


ヒトデゲット

大きなシャコ貝がありました

 

午後からは世界遺産(複合遺産)に登録されているロックアイランドを管理するコロール州政府を訪問し、ホセ・イセ レンジャー部局長等と世界遺産管理や持続可能な観光について意見交換を行いました。
世界遺産登録後は現地パトロール等をするレンジャーの増員など、管理体制が強化されてきているそうです。一方で、医療体制が日本ほど充実していないパラオでは、やはりダイバーによる潜水病対応などもまだまだ課題があるようです。私が関わった日本での医療用酸素の活用例なども紹介しておきました。

 

コロール州政府との意見交換

 

パラオ訪問前には知人から「祖父がパラオにいたことがあり、どうしても行きたいが難しいので是非かわりに行ってきてほしい」とまで言われ、本当に沖縄との結びつきの強さを実感したところです。
短期間でしたが、環境大臣政務官としても、また、沖縄の人間としても、初のパラオ訪問は非常に濃密で有意義な時間になりました。

 

大使公邸での夕食会

あいさつ

大使ご夫妻と

在パラオ日本人の方々との意見交換

 

その他

海軍基地

沖縄の塔

マルグ外務大臣と山田大使とともに

パラオ訪問 (2017.7.23-26)」の続きを読む

2017.7.4 平成30年度 基地交付金等に関する予算の確保について要請(2017.7.4)

沖縄県基地交付金関係市町村連絡会の皆様と総務省、財務省へ基地交付金と調整交付金の予算の確保のお願いに行って参りました。

基地交付金は、固定資産税の代替的性格を基本とするため、固定資産税相当額を確保し、対象資産が減少する市町村に対しては、急激な基地交付金の減額が生じないよう、激変緩和措置を講じること。

調整交付金は、米軍資産に対する固定資産税相当額及び地方税非課税等相当額を確保し、在日米軍再編等に伴い対象資産が減少する市町村に対しては、急激な調整交付金の減額が生じないよう、激変緩和措置を講じるよう要請して参りました。

参加者
会 長 島袋 俊夫 うるま市長
副会長 仲間 一 金武町長
副会長 神山 吉朗 嘉手納副町長(代理)
監 事 佐喜眞 淳 宜野湾市長
監 事 松本 哲治 浦添市長

要請先

総務省 原田 憲治 副大臣

 

総務省 林﨑  理 自治税務局長

 

財務省 木原  稔 副大臣

 

財務省 泉  恒有 主計官

平成30年度 基地交付金等に関する予算の確保について要請(2017.7.4)」の続きを読む

2017.6.22 クルーズ船観光振興議員連盟提言申し入れ(2017.6.22)

クルーズ船観光振興議員連盟の下記のメンバーで菅官房長官に申し入れに行って参りました。
西川 公也会長
岡下 昌平事務局長
金子 源二郎先生
西銘 恒三郎先生
比嘉 奈津美
増え続ける国内外からの観光客の皆様のため、質の高い受入体制を目指し、港の整備、環境整備などの取り組みについて菅官房長官にお願いを致しました。菅官房長官からも、前向きな発言をたくさんいただき、これから本部港、中城湾港の整備も進み、沖縄本島中北部の観光客の流れはきっと良い方向に変化していきます。

 

クルーズ船観光振興議員連盟提言申し入れ(2017.6.22)」の続きを読む

2017.6.16 環境・温暖化対策調査会関係議員との面会(2017.6.15)

気候変動影響への適応策の充実・強化に向けた提言がまとまったということで、環境・温暖化対策調査会の北川会長を始め以下の先生方が山本環境大臣に面会にいらっしゃいました。私も関副大臣、伊藤副大臣とともに同席しました。
(自民党環境・温暖化対策調査会 関係議員)
北川 知克 会長
鈴木 俊一 顧問
福山 守  幹事
高橋 ひなこ 事務局長
小松 裕  厚生労働部会長代理
鈴木 憲和 農林水産業骨太方針実行PT副委員長
八木 哲也 経済産業部会長代理
藤原 崇 議員
足立 敏之 議員
気候変動への対策は大きく「緩和策」と「適応策」に分かれます。簡単に言うと、温室効果ガスの削減が「緩和策」、気候変動による自然災害等の影響を軽減する取組が「適応策」です。北川会長から山本大臣に適応策の充実・強化に向けた提言が手渡され、法制化まで視野に入れた今後の適応策に関する意見交換を行いました。

環境・温暖化対策調査会関係議員との面会(2017.6.15)」の続きを読む

2017.6.15 環境部会、環境・温暖化対策調査会 合同会議(2017.6.15)

本日の合同会議では、山本環境大臣が、先日イタリアで開催されたG7環境大臣会合の結果をご報告されました。

アメリカのプルイット環境保護庁長官とのバイ会談では、引き続き環境問題に対して政策対話を行っていくことで一致したなどの成果が得られたということです。
パリ協定の離脱表明で世界中を騒がせているアメリカですが、引き続き日本の考え方をしっかり伝えながら、何とか協力して気候変動対策を進めていかなければなりません。

環境部会、環境・温暖化対策調査会 合同会議(2017.6.15)」の続きを読む


自由民主党 沖縄県第三選挙区支部 比嘉なつみ連合後援会

沖縄事務所

〒904-2171
沖縄県沖縄市高原7丁目23番2号
マンションディアナ 104号室
電話:(098)-931-0200
FAX:(098)-927-5167
google mapへ

東京事務所

〒100-8981
東京都千代田区永田町2丁目2番1号
衆議院第一議員会館517号室
電話:(03)-3508-7261
FAX:(03)-3508-3531
google mapへ

このページの上部へ